2015年03月30日

「読書」スタート!

150330.jpg

中山七里著 「スタート!」

1本の映画の撮影中に起こる事故、殺人事件を中心に、
映画のメイキングを波乱づくめで、最初から最後まで描いた作品。

映画撮影の裏側や、俳優のあるあるなど、著者が映画について
そうとう深く造詣がある感じです。


posted by funfango at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

いちごジャムの季節

150327-1.jpg

去年植えた、ヒヤシンスの花が咲きました♪

150327-2.jpg

今年もいちごジャムを作る季節がやってきました!
これは2パック分です。

150327-3.jpg

いつものように、きび砂糖とはちみつ、レモン汁を入れて、

150327-4.jpg

煮詰めます。

150327-5.jpg

これくらいのとろみが好きです。。。パンに塗るからね。

150327-6.jpg

150327-7.jpg

撮影中に割り込むルナさん。
posted by funfango at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | たべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

陶芸の工程


これまで、陶芸の全工程を書いたことがなかったなあと思い、
今日は、できるだけ詳細に書いてみます。

1.土練り(菊練り)
 手びねりでの制作は、菊練り2回、ろくろでの成形は、菊練り4回くらい。

2.成形
 土でカタチをつくる。
 ろくろ挽きで成形した場合は、2〜3日乾燥させ、削り。

3.乾燥
 カラカラに乾燥するまで、乾燥させる。 ただし、急激に乾かすと
 たわみやゆがみの原因になるので、ゆっくりと。

150325-5.jpg

4.素焼き(8時間)
 乾燥した生地を窯に詰めて焼く。
 窯にはすき間なく詰めなくてはいけないので、十分な数の作品を
 作っておく。
 1時間ごとに温度をチェックし、ガス量と空気量を調節する。

5.窯だし 
 常温になるまで、素焼きしてから1日くらいおいて、開ける。

150325-1.jpg

6.撥水剤塗り 
 素焼きした生地に、釉薬のついてほしくないところだけ撥水剤を塗る。
 撥水剤は24時間乾燥させる。

150325-4.jpg

7.釉薬かけ
 素焼きした生地に釉薬をかける。

8.本焼きの窯づめ
 釉薬をかけた生地を窯につめる。
 このときも、温度にむらがでるため、窯にすきまなく詰める。

9.本焼き(13時間)
 1時間ごとに温度をチェックし、ガス量と空気量を調節する。
 
10.窯だし
 本焼きは常温になるのに、2日はかかるので、3日後に窯だしする。

11.止水剤塗り
 本焼きした陶器に止水剤を塗る。
 24時間乾燥させる。

12.作品の水洗い と 乾燥
 全作品の水洗いをする。 このときに、陶器の底面を紙やすりで
 なめらかにする。

13.出来上がり



今日、素焼きの窯だし&撥水剤塗りをしたので、そこだけ写真を入れました〜
 
ご注文を頂いて約2か月とお知らせしているのは、この全工程を
行うための目安です。

冬と夏では、生地の乾燥の時間も違います。
夏場はとても暑いので、あまり本焼きしません。

陶芸は、皆さんが思っている以上に、季節やお天気に左右され、地味で
時間のかかる作業なんですね〜
posted by funfango at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | つくる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

3月のお花レッスン

150321-1.jpg

バスケットアレンジです。
一目見ただけで、春ですね〜

150321-2.jpg

コデマリで、土台を隠したあと、チューリップを少し低めに入れます。
そのあと、ビバーナムとゼンマイをアクセントに要所に入れて出来上がり♪

150321-3.jpg

いつもの玄関のチェストに飾りました。
posted by funfango at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | まなぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

「読書」猫弁と少女探偵

150318.jpg

大山淳子著 「猫弁と少女探偵」

猫弁シリーズは2冊目です。

登場人物が相変わらず、残酷なほど、まじめで実直な人たちばかりである。

特に、今作で目を引いたのが、元教師の上安里(かみやすり)先生。
この人は、猫弁こと百瀬の高校の元美術教師で、教え子のために500万の
借金をして、教師もやめて、妻とも別れたという、筋金入りのばか教師である。
少女探偵が、いなくなった三毛猫の捜索依頼のチラシを上安里の現在の
仕事場である広告店で注文し、三毛猫行方不明事件が大きくなり。。。

少女のマンションのお隣さんが、シリーズ第1作のの百瀬の依頼主である、
野口美里であったりとか、シリーズものっぽいところも。

百瀬と大福亜子の結婚も秒読み??

次回が最終巻だそうです。
毎回、このシリーズを読むと、心が洗われるようで、読後がいいです。


posted by funfango at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。