2015年01月26日

北公園へ

150126-1.jpg

新しいデジカメを買ったので、撮影の練習をしようと、北公園へ行ってきました。

150126-2.jpg

マロンは鼻をくんくんして、公園の香りを嗅いでいます。

150126-3.jpg

ここは広々として、2わんずはいつもうれしそう。。。

150126-4.jpg

たまごちゃんで遊んでいたら、遠くにわんちゃんを発見。
なぜか、片足をあげて固まるルナ。

150126-5.jpg

「あれれっ?! 袋の中に何かあるぞ!!」

150126-6.jpg

2わんずの大好きなどら焼きを持参していったので、おやつタイム。
(ルナの左手に注目♪)

150126-7.jpg

モクレンの蕾も膨らんできました。 もうすぐ咲くのかな?

150126-8.jpg

山茶花がきれいに咲いていたので、写真を撮ったら、
ルナのおしりが撮れちゃいました。


posted by funfango at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | あそぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

「読書」ビブリア古書堂の事件帖6

150121.jpg

三上 延 著 「ビブリア古書堂の事件手帖6」

前作から、栞子さんの母親がところどころに登場し、不気味な
印象を与えている。

今作は、栞子さんにけがを負わせた田中が、自分が追っていたのとは
また違う太宰治の「晩年」の貴重な初版本をの行方を捜してほしいと依頼する。

田中の祖父が、47年前、太宰の研究会に属し、その研究会のメンバーの
1人から、当時出入りしていた、太宰の研究者である元教授の連絡先を入手する。

さて、「晩年」の初版本は見つかるのか??というお話。

五浦くんと栞子さんの家族の過去が少しずつ明るみになってきています。
複雑ながらも、面白い展開に、、、
posted by funfango at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

シャンプー&さんぽ

150118-1.jpg

マロンは、今年初のシャンプーへ。
シャンプー後、ふわふわになって、いつもの公園にさんぽに
行きました。

150118-3.jpg


150118-2.jpg

夕方になり、日が傾いてきました。

150118-5.jpg

公園のさんぽのあとに、DOG DEPTへ寄りました。
ここのカフェでは、いつもアップルジュースを注文して、
2匹にはお水を入れてもらい、ジュースの水割りを頂きます。

150118-4.jpg

今年は寒いので、DEPTでフリースの温かい上着を買ってもらいました♪

posted by funfango at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | あそぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

1月のお花レッスン

150117-1.jpg

1月はブーケです。
花材は、ダリア(まさひめ)、チューリップ(ピンク/アンジェリケ、
白/ノースキャップ)、マム、ユーカリ、ヘデラです。

150117-2.jpg

上の写真は花束の正面ですが、こちらは、横から見たところ。
後ろのほうにチューリップを束ねたので、こちらから見ると、チューリップが
よく見えて、また違った雰囲気に見えますね。。。

150117-3.jpg

昨晩、レッスンから帰ってすぐ、蛍光灯の下で撮影したので、オレンジっぽく
見えますが、ラッピングしたブーケです。
オレンジの薄紙にキャメルのワックス紙を重ねました。
posted by funfango at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | まなぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

「読書」流星ワゴン

150109.jpg

重松 清 著 「流星ワゴン」

38歳の中年男性が主人公の不思議なお話。
交通事故で亡くなった親子が目の前に現れて、その車に
乗り込むと、やり直したい過去に行ける。

主人公は現在、妻とも息子とも修復のしようのない関係になっており、
仕事もリストラされ、絶望的な気持ちになっている。
亡くなった親子の車(ワゴン)に乗ると、絶縁状態になっている、
危篤状態の父親の38歳のときの姿の男性に出会ったり、浮気している妻に
遭遇したり、塾帰りの息子を見かけたりする。
彼のやり直したいこととは、、、
父親との関係、妻との関係、息子との関係。

現実を曲げることはできないけれども、過去に戻って、
そのとき気付かなかった自分の感情に気付けたことで、嫌いだった
父親を見直し、妻の気持ちを想い、息子を理解する。
その後は、、、?という話。

著者もあとがきで書いているけれども、この話は完全に男目線で
描かれており、主人公の妻がどうして浮気に走ったのかなどは
あいまいにされている。
ドラマ化するのは難しそうだなあ。。。
posted by funfango at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。