2014年11月25日

読書「旅屋おかえり」

141125.jpg

原田マハ著 「旅屋おかえり」

30過ぎの元アイドル、丘えりか、通称「おかえり」が主人公。
事務所に所属タレント一人きりのえりか。
たった1本限りだった旅のレギュラー番組が終わってしまうことに、、、
事務所の社長は元ボクサーだが、情に厚いというキャラクターで、
副社長兼経理の元お色気タレントのんのさんも、えりかに厳しく優しい
態度で接する。
テレビの仕事がなくなり、旅の代行屋を始めることになったのだが、
様々な人の依頼で旅にいくうちに、元レギュラー番組のスポンサーの
社長から旅の依頼がくる。。。
その旅の結果は??

「おかえり」も、事務所の社長やのんのさんも、一生懸命生きていて、
人情くさい。1冊で2,3回泣けました。




posted by funfango at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

紅葉のおさんぽ

141124-1.jpg

この3連休、家の近くの箕面ドライブウェイは紅葉を見ようと、
すごい数の車が押し寄せて来たので、私たちはなるべく車を使わないようにしました。

歩いてQ's mallへ行くことに。
小学校の銀杏がきれい。

141124-2.jpg

マロンの背後にある箕面の山も紅葉がきれいです。

141124-4.jpg

Q's mallに到着。

141124-3.jpg

川沿いの桜の葉がきれいな赤色です。

141124-5.jpg

往復4キロほども歩いたので、たいやき(カスタード)をごほうび♪

141124-6.jpg

こういうときは仲がいい2ひき。

141124-7.jpg

「私の分は〜?」

posted by funfango at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | あそぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

秋のランチ

141113-1.jpg

秋晴れの真っ青な空〜
箕面駅前です。

141113-2.jpg

秋のランチは、滝道の途中にある「かじか荘」に行ってきました。

141113-3.jpg

もと旅館のイタリアンです。

141113-4.jpg

中も旅館のままの建物をリノベーションしています。

141113-5.jpg

間仕切りも和風旅館っぽい、、、

141113-6.jpg

お料理は3000円のコース。
ビシソワーズ

141113-7.jpg

生ハムのサラダ

141113-8.jpg

秋刀魚のパスタ
ほたてをぎゅっと握りつぶしてダシを出しているそうです。
魚介の風味がパスタとあっていました。

141113-9.jpg

鯛のエスカベッシュ
下に栗のリゾットがあって、すごくおいしかったです♪

141113-10.jpg

いちぼのステーキ
上の緑は万願寺とうがらし。

141113-11.jpg

デザート
さつまいものアイスクリームが濃厚でした。
もみじのてんぷらが箕面らしさを演出??

141113-12.jpg

そして、その日にお誕生日の方がいましたので、
お店の人からサプライズ!
いくつになってもこんなかわいい演出をしてもらえるとうれしいですね〜
posted by funfango at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | たべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

11月のお花レッスン

141111.jpg

11月はリースです。
花材は、ブルーアイス(ヒノキ)、ユーカリ(銀葉)、ユーカリ(ポプラス)、
プルモーサス。

ブルーアイスを細いワイヤーで土台のつるにぐるっと一周巻きます。
その後、他の花材を好きなように配置していきます。

私は、プルモーサスを右上に配置したので、それとバランスをとるために、
コットンフラワーの枝つきを一本、下に渡しました。

小鳥が舞い降りそうなリースです。

posted by funfango at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | まなぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

読書「太陽の坐る場所」

141107.jpg

辻村深月著 「太陽の坐る場所」

この著者の本を初めて読みました。
高校を卒業して、社会人になった元同級生たちのひとりひとりの
物語をそれぞれの視点で描いている。
同窓会で、表向きに友人に対して話すことと、内向きの視点が恐ろしいほど
生々しく描いてあり、そのギャップにぞくっとする。
高校生の時に女帝だった響子が、地元の局アナになって、
もうひとりの今日子が女優になる。
10年後の同窓会で、響子の高校生のときの横暴ぶりを、今日子が
「あなたのしたことなんて私たちには大した傷じゃなかった」という。
そこで、響子の挫折感や喪失感がやっと解き放たれることができるのか
というところで物語は終わる。

10月4日より既にロードショー公開されています。
posted by funfango at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。