2012年03月29日

窯出し

120329-1.jpg

3月も終わりになって、やっと春めいて来ましたね〜
玄関前のミモザが黄色くなってきました♪

120329-2.jpg

おしりに陽がぽかぽかあたって、マロンも気持ちよさそうです。

120329-3.jpg

今日は今週本焼きをした窯の窯出しの日です。
今回はいつもの白釉に茶と青の釉薬をかけたものが多いかな。。。

120329-4.jpg

こちらがgizagizaシリーズの白。

120329-5.jpg

こちらは最近お気に入りの青のストライプシリーズです。

写真ではわかりづらいですね〜
4月のロハスフェスタにて、ぜひ実物を手に取って見てくださいね♪


posted by funfango at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | つくる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

3月の手作り教室


先週、手作り教室がありました。
私はロハスフェスタに向けて、陶芸の仕事がたてこんでいて、午前中素焼きをして、午後から
参加しました!

120327-1.jpg

手作りのゆずケーキ♪ お昼から行くと、早速お茶の時間でした。

120327-2.jpg

ネーミングがかわいいムレスナティ。

120327-3.jpg

バラの香りの紅茶とともにケーキをいただきました。 みんなで食べるケーキっておいしいですね〜

120327-5.jpg

編み物は、残っている麻糸でテーブルランナーを編む人、、、

120327-6.jpg

ボーダーかわいい!

120327-7.jpg

バッグが完成した人〜 かわいい色ですね。。。

120327-8.jpg

私はエコアンダリアの新糸で夏用のバッグを編んでいます。
横広の大きめです。

posted by funfango at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | つくる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

期間限定の雑貨屋さん

120319-1.jpg

週末は、お友達が出展している3日間限定の「雑貨屋さぶろう」へ行ってきました。
普段は空き家のお宅を使って、1階はカフェ、2階は雑貨が並んでいました。

120319-2.jpg

家のガレージには産直野菜のお店も出ていました。
きれいな緑と黄色のトマト。

120319-3.jpg

菜の花が1ネット700円だったので、4人で購入。 4分の1でもすごい量でしたよ〜

120319-4.jpg

120319-5.jpg

2階の雑貨コーナーです。 かわいい商品がいっぱいありました。

120319-6.jpg

帰りに気になっていた西宿のカフェへ。
ひとつの建物にアンティーク屋さんとカフェと家具屋さんとバッグ店が入っています。

120319-7.jpg

家具屋さんのショールーム。となりの工場でお仕事されていて、誰もいなかった。。。


雑貨屋さんでもカフェでもいろいろあって、たくさんおしゃべりして楽しいおでかけでした〜


***************************************************************************************************


120319-8.jpg

次の日は、北野坂ギャラリーで開催中の「ティーポット急須展」へ行ってきました。

48名もの作家さんの急須が見られるなんて面白いですよね〜
オーソドックスなものから斬新なものまで、幅広くいろいろな急須がありました♪
posted by funfango at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | たべる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

高台削り

120316-1.jpg

先週から乾きが悪くて削れてなかったボウルの高台を、今日削りました。

120316-2.jpg

シッタに据えて、、、

120316-3.jpg

削る前

120316-4.jpg

削った後です。


120316-5.jpg

ルナのできものにご心配を頂き、ありがとうございました!
腫れはすっかり引いて、傷もきれいに治りました。

120316-6.jpg

でも、毛を剃ったところがね〜 なかなか伸びないんです。

120316-7.jpg

「ハゲ子と呼ばれています。。。」
posted by funfango at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | つくる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

九月が永遠に続けば

120314.jpg


沼田まほかる著 「九月が永遠に続けば」


主人公の主婦の一人息子の失踪にともなう様々な人間関係を巧妙につづっている。

主婦は離婚して息子と2人暮らしなのだが、息子が失踪してから、異常に心配して捜す。
そのことで元夫と連絡をとるのだが、2人の間の感情のずれや、元夫の現在の妻とその娘との関係や、主婦の近所の独身男性とその娘など、登場人物は少ないが、複雑な人間関係が描かれている。

主婦が息子を捜している間の数日間がとてもサスペンス的で、はらはらどきどきして読んでしまう。

元夫の現在の妻が精神を病んでおり、彼女の過去や現在の様子などが精神的肉体的にグロテスクに描かれており、その描写は女性にしか書けないんじゃないかと思った。

最後までスリルある物語でした。。。
posted by funfango at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | よむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。